データ作成ガイド

データ作成時のご注意

「タペレスキュー」はクリエイター様が製作されるデータへの加工は一切行いません。クリエイター様のオリジナリティと表現の自由を尊重し、原則として「入稿データをそのまま出力」させていただきます。しかし、公序良俗を著しく逸脱するようなデータをご入稿いただいた場合には、修正などをお願いすることがあります。「表現の自由」を脅かす様々な脅威からクリエイター様を守るためですので、万一修正をお願いした場合には、ご快諾をお願い致します。


テンプレートをダウンロードしてください

タペストリーのデータ作成に、テンプレートファイル(PSDファイル・PNGファイル)をご用意しました。
※ご入稿データの作成には、必ず当店のテンプレートをご利用ください。

テンプレート名 サイズ(向き) ダウンロード
B2タペストリー タテ向き ダウンロード(ZIP圧縮)
ヨコ向き ダウンロード(ZIP圧縮)
  • 解像度:100dpi / 200dpi / 300dpi 3種類データをご用意しております。
    100dpi … 標準 / 200dpi … 高画質 / 300dpi … 最高画質
  • 解像度が高いほど高画質で印刷されますが、200dpiを超えると実物を見比べても、画質の差がほとんどありません。300dpiは細かい模様や小さな文字などを配置される場合にお使いください。
  • RGBカラーでご入稿頂いた場合、弊社にてCMYKカラーに変換をいたします。カラーモード変換に伴う退色につきましては予めご了承ください。

データの作成についてご確認ください

作成サイズについて

データは必ず上のテンプレートをお使いいただき、原寸サイズで作成してください。
テンプレートファイルは、実際のB2サイズ(幅515×高さ728mm)よりも、上下の棒袋分、縦の長さが25mmずつ長くなっております。タペストリーの仕上がり寸法は、黒い枠線(幅515×高さ778mm)となります。
黒い枠線の中に納まるようにデザインしてください。

塗り足しについて

  • デザインは入稿される際、仕上がりサイズより外側の青線まで必ずデザインを行ってください。
  • 背景が白無地以外の場合は、仕上がりサイズより外側の青線まで必ずデザインを行ってください。
  • 塗り足しが無い場合、タペストリーの端に印刷の無い白地が残ってしまう場合があります。
  • 棒袋の箇所に文字を入れると、文字が読みにくくなります。避けてデザインしてください。

色について注意点

モニター環境とタペストリーの現物は多少イメージが異なる場合がございます。予めご了承ください。
色の再現性は、印刷方法・媒体により異なります。
印刷機の個体差により同じ色設定の出力でも、色の表現が若干異なる場合がございます。

RGBカラーでご入稿頂いた場合、弊社にてCMYKカラーに変換をいたします。
カラーモード変換に伴う退色につきましては予めご了承ください。

ガイドのレイヤーについて

テンプレートのデータは、「ガイド」と「入稿デザイン」の2つのレイヤーで構成されています。
「ガイド」レイヤーは、結合しないでください。

◎「psdファイル」で入稿データを作成する場合 (Photoshop)

「ガイド」レイヤーは結合しない(レイヤー非表示も可)で、ご入稿ください。

◎「pngファイル」で入稿データを作成する場合

pngデータは、レイヤーを保持したまま保存ができません。
png形式でデータを保存すると、レイヤーが統合されてしまいますので、
予め「ガイド」レイヤーを削除してから、png保存してください。